ルアーの見た目を考えると、難しい課題があるプロトミノー。 2


そり系の課題。

 

 

 

 

最近せっせと作っているミノー。

ちょいと使ってみてボディ形状を変えてみたくなったので、また新たに作っています。

 

 

 

 

 

 

このミノーの課題の一つはここです。

ウエイトがボディから出ている設計でバランスが取れています。この見た目をどうするか?が課題です。

 

 

 

とりあえず作って見たやつは塗装が終了してから、穴を開け接着しています。

微妙な見た目なのでこれはダメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度はコーティングの前にウエイトを入れてみましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に変わらない・・・。

そりゃそうか。ウエイトの出っ張りがなけりゃ綺麗なんだけどな。これは仕方ないかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対側はこんな感じ。

来月の芦ノ湖までに仕上がってくれると良いんだけどな。因みにこのルアーはワカサギにしようか、ニジマスにしようか迷っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みにハバネロ100も新しいウエイトが出来たので、試してみようと思ったのですが、ちょっと時間が取れないので一旦保留にしておきます。

時期的に6月頃に間に合えば良いと思うので、今急がなくて良いかなと。

 

 

 

 

 

そんな感じです。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “ルアーの見た目を考えると、難しい課題があるプロトミノー。

  • T

    さらけ出してる感じも機能優先してる感があって個人的には好きです!

    この長さでこんなに前方にウエイト配置されてるのは衝撃ですね。
    どんな感じになるのか楽しみですね〜!

    • jumpingtomato Post author

      個人的には好き、それは嬉しいです。ディスコスティックみたいです。

      そうなんです、かなり前方なんですよね。ちょいと変わったルアーですが、使いやすくていい感じです。