芦ノ湖解禁日の二日目、あ〜こういう釣れ方をするのね・・・。


芦ノ湖解禁日の翌日

 

 

初日の解禁日が終わってからは飯食って、風呂入りに行って、車中泊をしました。

当初の予定通りに二日目はウェーディングで朝の時間帯だけ釣りをする事にしました。

 

出発の二日前に上州屋に行ったところ、ぴったりなサイズのウェーダーがあったので、買っていたのでした。今までネオプレーンのウェーダーは使ったことがなかったので、どれくらいの水温でどれくらい耐えられるのか?興味がありました。てかこれで春の朱鞠内湖でイトウも狙えるって事だな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってきてから気がついたブレブレ写真。

とりあえずどこからエントリー出来るのか分からなかったので、夜が明けるのを待ちました。するとそこら中で釣りをしている人がいて、歩いてポイントを探しました。

割とどこでもやっていいのかな?という雰囲気で、陸と少し水に入りながら移動をし、山木ボートの桟橋付近で落ち着きました。

 

 

ミノーで釣りたいのは山々ですが、色々考えて根掛かりも考慮してスプーンを投げることが多かったです。

待望のモーニングバイトが来たのですが、バラしてしまいました・・・。

前日と同じようにバイトは浅いので、こちらからテンションを掛けるようにゴリ巻きしないといけない感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、待望のファーストフィッシュ!

 

小さいけどめっちゃ嬉しかったです。スプーン8gのただ巻きです。

 

隣のポイントに人が入ってきたり、これ以上進めなかったりで場所の移動が出来ず、割と同じところで釣っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレイクに遠投してボトムまで沈めてから巻いてきてヒット!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(リールの向きが逆、テキトー写真)こういう写真撮る時って魚が逃げないか凄く焦る。

 

結局ポンポンと釣れ続け、7バイト6フィッシュで3時間ほどの釣りを終えました。因みにニジマスは一尾のみで他は全てブラウン。村田さんの芦ノ湖解禁セミナーの動画の通りに低水温だとブラウンの方が反応がいいようでした。また隣のポイントで釣っている人が釣れると自分も釣れるという・・・群れが回ってきている感じでしたね、これも村田さんが言っている通りでした。勉強になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

三尾持ち帰りました。

 

 

 

 

 

 

初日と違って放流箇所の周辺だったせいか、放流の魚が釣れたと思います。ですが、湖ならではの動きをしていた魚が釣れたので、面白かったです。ですがこうなるとやはりデカイ魚に的を絞って大きいミノーなどを投げたくなりますね。とりあえず解禁日あたりだとウェーディングでも十分に楽しめる感じでした。

 

今回初めての芦ノ湖でしたが、とても景色が綺麗で湖周辺も整備されている印象で、かなり好きになりました。また来月ワカサギの接岸に合わせて行く予定です、いい時期みたいなので!

そうなるとミノーをまた試作して持っていく予定です。陽炎のグリグリメソッドクリアレイク対応系のプロトと今回初日に釣れた扁平ミノー、扁平ミノーの大きいサイズ。芦ノ湖専用ではなく、山木さんが作ったソウルシャッドのよう濁った場所でも、通用する新しい駒が増えると思います。

 

休みの日はずって家にいる事になりそうです。しっかり使えるものに仕上げたいです。

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です