余計な事をしたくなる。研究したくなるプロトタイプ。


またこのパターン

 

 

 

 

先日実釣テストをした陽炎63。結果的に一つ魚の反応の良いものがあったので、それを元にまた改良していきます。

 

そうなると他の二つは捨ててしまうことになります。

それでは勿体ないので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽炎80と同じようにシンキングスイッシャーに改造しています。

手軽に改造出来るのがいいですね。

 

 

 

 

で、何の工夫もなくやっていて少し罪悪感を感じていました、ましてやこれで良い魚が釣れちゃったら・・・逆に嫌だなと。

そんな心配を払拭してくれそうな事が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

多分そんなに意味ないと思うんだけど、プロップの位置を縦にズラしたらどうなるんだろうと。

前のプロップが高かったり、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低かったりした時に何か発見がないかな?と思います。

ボディの形を変えて作ってみようかなと思っています。基本的に前後ともに同じ高さで出来ているのが一般的ですよね。

 

 

まずは作ってみて人の目から見て、使ってみて何か発見があるのか?そして実際に魚を釣ってみて何か発見があるのか?

試してみたいですね。

 

 

びみょーだけど、今のところそれくらいしか工夫できる点が見つかっていないです。製品として出すには、自分なりに研究する事が必要だなと思っています。

63の潜るタイプも作りたいので、実際にはどうなるか分からないですけどね。

 

ぼやきでした。

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です