釣れるミノーの秘密。


プロトのテスト

 

 

 

今朝はプロトの陽炎63が出来上がったので、早速投げてきました。

 

1、2、3と番号を書いたプロトは、ウエイトの位置とコーティングの回数の違いです。自分の中でなんとなく「これだろうな・・・。」という目星が付いているので、ひいき目に見てしまうので、わざと番号を見ないでテストをしていきました。結局目星を付けていた1番がよくまとまっていました。

 

 

 

 

 

 

実釣でのテストを早くしたいなーと思って何処に行こうかな?と考えていました。

リヴァスポット早戸がいいかな?と思いましたが、色物が少ないと中々反応が見れないので、一番はイワナセンターかなとHPを見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワナセンターは二回行った事があります。

初めて行った時はあまりいい結果が出ず、2回目はクリスマスに行ってかなり釣れました。足元の岩場を狙って岩陰からデカいのが出てきて食ったのが、とても思い出深いです。

その釣行で特に釣れていたのが、

 

 

 

 

 

 

 

ブランキーというミノーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平たいミノーです。バス釣りしかしない人には、ベンドミノーにリップが付いたようなもの、と言えばいいでしょうか。

以前管釣りばかり行っていた時に、かなり釣っていたミノーです。嫉妬するくらい釣れたので、使うのを避けていたくらいです。

 

 

で、それだけ釣れるとルアービルダーとしては「何故釣れるのか?」がとても気になっていました。

何か特徴的な部分があるんじゃないか?と動きをじっくり見たりしていたのですが・・・トゥイッチの後にキックバックするのでそれが良いのかな?とずっと思っていました。私のブログを見て使ってみた友人も「キックバックするから良いの?よく分かんないんだけど?」という事を言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(因みに当時、真似して作ってイワナセンターで釣りました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か不思議な力がある・・・そういうルアーってあるよな。と思っていましたが、今となっては何となく理由が分かった気がします。

このルアーの特徴はなんと言っても平たいボディ、このボディの特徴的な作用としてはレンジキープ力になります。平たいが故に浮き上がりにくく、潜りにくいです。

 

トラウトはレンジが変わると食わなくなる性質があります。

管釣りのスプーンの釣りはレンジキープが基本ですよね?昨年の秋に行ってきた東小屋湖では、水深8mをレンジキープしやすいウキ釣りがルアーよりもとても効果的でした。村田基さんもトラウトはタナが重要と言っていました。

 

ブランキーを使っていると確かにレンジキープがしやすいです、ある程度のレンジを浮きもしなく潜りもしなく、トゥイッチしてこれます。レンジにして50〜70センチくらいですかね?これくらいのレンジをキープしてくれると、殆どオカッパリしかない管釣りではとても使いやすいです。イワナセンターのような水深の浅いエリアでも自分の足元までボトムにギリギリ当てないように使う事ができます。

 

そして書いていて思い出しましたが、トゥイッチすると一瞬止まって(サスペンドして)浮いてくるように動きます。その時に食う事も多いのですが、平たいので一瞬浮くのが遅れる間に食っちゃうんでしょうね。通常のサスペンドミノーでいいんじゃない?という疑問が出てきそうですが、それとはまた少し違います。今度改めて使ってみようと思います。

 

ブランキーはパッケージの説明書きには、「ゆっくり巻いてくるミノー」みたいな事が書いてあり、トゥイッチのことについては書いていないので、恐らく副産物的なところだと思います。

 

 

 

 

 

 

気になる方は一度使ってみて、釣ってみて下さい。ちょっっっっと違うなと思うはずです。

なんかこう書いていると陽炎63のテストをする気にならなくなってきたような・・・。まぁ、他には書いてなさそうな為になる事を書きたかったので、それで良しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です