ある日のハゼ釣り・・・ブラクリを使ってみる。真子がありました。


ばっかり

 

 

ハゼ釣りばっかり行っています。

 

なんでしょうね・・・手堅い釣りばかりしています。こうも餌釣りばかりやっていると「寒い時期でもシャローにはデカいバスが残っている・・・それを狙う!」みたいなのが博打ってるなーと感じてしまう。まぁ去年三島湖のこれくらいの時期にシャローでいい釣りしている人がいましたね、知らない人ですけど。違う釣りをすると他の釣りを客観的に見れます。

 

でもバス釣りもミミズとか使って餌釣りから入った方が良い気がしますね。釣れるから居場所が分かるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回も2時間ほどの釣り、日の出からスタート!

で、足元でとりあえずの1尾。仕掛けはブラクリです。ブラクリってのは見づらい画像の通り、中通し重りにスイベルが付いて少しリーダー?が付いて針がある。まぁバス釣りでいうテキサスみたいなもんですね。もちろん針にはアオイソメを付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでテトラや足元をチョンチョンやったりシェイクしたりして釣りました、ダボハゼー。

これをやっていて思う事は、「ライトリグだなーーーーー。」です。バスだと全くやらないのに、ハゼだとやる!変人ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番上がダボハゼ、その下3尾はハゼ。

この日はちょい投げ(15mほど投げる)していた天秤仕掛けには、大きなハゼが掛かりました。いつも釣れている外道のセイゴは釣れませんでした。

近くでセイゴ狙いの爺さんは釣れないと言っていました。何かあるんでしょうね、いつもいたセイゴはいませんでした。

 

で、この時期に小さいハゼが釣れた事に驚きました。ハゼは基本的には1年しか生きないので、春頃生まれていまだにこのサイズ? 変な時期に産卵した奴がいたのかな?ブラックバスでも同じような事があって、産卵時期がズレているとしか考えられないとサトシンさんが言ってたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣れた時から腹がなー、と思っていたらやはり抱卵していたハゼでした。

一ヶ月くらい前から結構ハゼ釣りしてますが、初めて釣りました。釣りもそうなんだけど、生態を調べている感じですね、いつも。

 

なんか珍味だとか美味いとか?煮付けて食べるみたいです。真子っていうらしい。

 

 

今回は刺身にしたので一緒に食べてみたいと思います。どうかな?

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です