苦渋の東小屋湖。何とかクセが分かったつもりだが。


違っていた印象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は栃木県にある東小屋湖に行きました。

 

 

初めてなので、事前に3つの釣具屋から話を聞いていました。ちょうど大量放流の日だったので、「まぁ釣れるだろう。」と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、まずは定説通りに8lbナイロンで12〜15gのスプーンをボトムから巻き上げてきたりして、追ってくる魚がたま〜に見えた程度。

次は「ミノーをゆっくり巻いてくると、見えないレンジから魚が浮いてきて食う。」を実践しながら、エリアを変えてながら魚探を見ていました。

で、ミノーに関してはまったく反応が無く、どうも無いだろうなという雰囲気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでで、午前中が終了。

 

 

 

 

8:30頃に放流もありましたが、周りの人たちも特にポツリポツリでした。

聞いていた話で釣れないので、困っていました。今回はボートは10艇位出ていました。その中でいい調子で釣っている人がいたので、じっくりと観察していました。タックル的に恐らく管釣りっぽい釣りをしているなと、細めのラインでスプーンもそんなに大きくないのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という事で、真似してみました。ナイロン4lbにディープカッパーコンパクトエディション4.5gを水深6mボトムに落としてから巻いてくる。これで何とか当たりが出るようになりました。結局東小屋湖は管釣りでした。

 

その後カラーを変えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか1尾

 

ここまで長かったマジで、、、。

残り時間30分、カラーローテーションしながらやってみるも、小さいアタリが少しあって終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、キツかったです。

ネットなどを調べるとデカイのが釣れるイメージがありダム湖ということもあって管釣りのイメージがありませんでした。ですが、蓋を開けてみると管釣り独特の小さいアタリがあり、ネイティブの釣りとは違うクセのある印象でした。

 

 

初日は何とかどういったフィールドなのかが分かった感じでした。それを踏まえての2日目!

 

それなりの釣果を出せると思っていましたが、結果は0。魚の動きが変わってしまい対応出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニ飯ばかり食べているとこういったのが食べたくなる、お刺身定食。

 

 

 

 

 

 

 

 

次回また書いていきたいと思います。

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です