プロトの陽炎80が面白い事になってきました。


再熱

 

 

 

 

 

前回の雄蛇ヶ池でいい反応を得たプロトの陽炎80

 

実釣テストを進めて問題無ければ製品化かな?と思いきや、まだまだそうはいかないようです。

 

 

 

 

 

昨夜出来上がった新しいプロト(下)

これはこの前のプロトのバルサの比重違いで作ったモデルです。今朝これを野池でちょいと使ってきたのですが、かなり理想的な動きをしてくれました。

 

ただ巻きでしっかりと動いてくれて、ジャークするとワンテンみたいに飛んでくれます。たまにログみたいにベリーのオレンジも見せてくれるし・・・。

 

それと使っていて気持ちいいですね。ちゃんとダートしてくれるミノーの方がロッドの感触がいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近作っている陽炎の特徴としては、

 

 

 

ボディの膨らみを後ろ気味に持っていっています。

 

 

 

一般的なミノーだと前に膨らみがある事が多いです。(リップライザー、ワンテン)これは早く巻く事とジャークに適している形状です。

 

 

 

 

陽炎は普通や遅めの巻き速度でもしっかり動いて欲しかったので、上記の形状にしました。元々クランクばかり投げていた人がミノーを作るとこんな感じになります。

 

 

ミノーの世界も奥が深くて、、、楽しいですね。ミノーブームが再熱してます、しばらく続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です