意外にも陽炎80のいいテストになった雄蛇ヶ池釣行。


ミノーの釣り

 

 

先日雄蛇ヶ池に行ってきました。

 

トマトR2のテストの予定だったのですが、早々にリップの位置を変えないといけない・・・と判断したので、テストはそこで終了。

 

代わりと言ってはなんですが、陽炎80のテストに切り替えました。

複数のモデルがある中で絞り込みに苦労しています。

 

 

 

 

 

 

ただ巻きのことを考えて作ったモデルは、いい働きをしてくれました。

しっかりと動いてくれて巻き感も良いモデルです。

 

ですがこのモデルは巻きを重視した為、ジャークした際のダートが短いです。

そこがどうなのかなー?と常々思っていたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題なく釣れます。

なんなら良いサイズも掛けたのですが、バラし・・・。

 

 

人間的に良いと思う動きは魚にとって関係無いんでしょうか?

無いんでしょうか?じゃなくて結果が出ているから恐らく関係無いと思います。結局チビを5本ほど釣りました。

 

 

 

以前に三島湖で1月や2月にジャークベイトで釣りましたが、あんまり綺麗にダートしないモデルだったんですよね。

 

 

 

 

今度トラウトの管理釣り場で実験してきます。

 

 

 

 

 

今回軽いミノー縛りになったお陰で色々と勉強になりました。

オープンウォーターなどではただ巻き。投げられないブッシュには、際にキャストしてジャークでリアクションで誘い出す。昼近くになって反応が無くなってきたらジャーク。など自分の中で使い分けが出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに今回どシャローではハバネロ52の反応がとても良かったです。6本くらい出ました。

動画を撮っていたのですが、小さい魚ばかりなので編集してアップする事はありません。

 

この時期でも十分に通用するので、先日の販売で購入された方は是非投げてみては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

と言った感じでプロトに悩みながらの釣りでした。

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です