一応開発中のバイブレーションについて


方向転換

 

 

 

 

 

 

 

 

バイブレーションをまた新しく作り直しています。因みにラトルイン。

 

 

 

 

 

この形で一つ作ったのですが、全く動かず・・・。

一度完成した形なので、大丈夫だと思っていたのですが、、、。大変になってしまうということで、普通にフローティングバイブレーションを作ってみる事にしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイブレーションのシンキングに関しては、プラ製で十分だなと思っています。もしプラ製のルアーを作るとしたら、一番作ってみたいのがバイブレーションです。

水に浮く木材を沈める設定にして良いルアーが出来るような感覚がないので、シンキングのバイブレーションを作ろうと思わないのが現状です。

 

逆にプラ製のフローティングバイブレーションに関しては、あまりしっくりくる物がありません。比重の高いハードバルサでの試作を進めていますが、良い感じになると思っています。

 

 

 

 

 

因みに狙っているところとしては、シンプルに浅いところを引いてこれるバイブレーションです。

三島湖でのフラットや川筋の浅いところだったり、雄蛇ヶ池のシャローフラット、野池などで使いたいというのがいつもありました。

 

シンキングのバイブレーション、ラトリンバイブやTNシリーズなどここ数年良く使いました。

秋は早めのリズムで探っていったり、夏はボトムのストラクチャーに当てたりと使い所がある中で、浅いレンジは使いにくい事を体感していました。

 

 

 

 

 

 

 

今週中に仕上げて現場で色々と弄りたいですね。

またミノーも改めて見直しながら作る予定です。今日はこれからCAMで設計です。

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です