オフセットリップについて、簡単に書きます。


新しい形

 

 

 

いやー、少しブログの投稿期間が開いてしまいました。

とにかく時間の許す限りルアーを作っていまして、出勤時間ギリギリまで作っていたり・・・そんな日々が続いていました。そのせいで疲労困憊・・・今日は休みだったので少しゆっくり出来て体力が回復しました。

楽しくて止められないんです。

 

でもどこまでやると体調を壊すのか、経験上分かっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、今回はそんな話ではなくインスタに載せてみたオフセットリップについて書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアル系で側面を傷付けないように、リップを取り付けようとするとこういった形になります。

スパッとリップが切れている形になります。

 

私としてはMR系のクランクベイトであれば気になることは少なかったですが、SR系のクランクベイトになるとちょっと気になりました。水の抵抗を受ける部分が少ないという点です。

そして今現在進めているトマトR2は元々こういうスパッと切れているリップで開発を進めていなかったので、どうにか出来ないかと思い立ったのが開発のきっかけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコン上に図面を書いていくので、まずは手元のプロトで寸歩を図り型紙を作りました。

要はこういった形に基盤を削り出せればピタッとくるはず・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、とりあえず作ってみました。

Rを手作業で削ることはとても難しいので、やはり機械の導入は大きいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に取り付けてみるとRが合わない。

設計したはずなのに、と思いますがこういう事はよくある事です。実際にやってみないとわからない事は多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ピッタリきました。

このピッタリ感が気持ちいいんです。意外とRというよりは直線的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常の形に比べると強度が〜、という人が絶対出てくるなと思い、リップに穴を開けました。

接着剤が入り込む用の穴です。フラットな面よりもこの方が取り付け強度が出ると思います。

 

まぁ、私はリップが抜けた事はないんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイムテストを行った感触としては、とても良いです。やはり少し水の掴みが違うと思います。

見た目もいいですね。因みにパーチカラーとても気に入っています。

 

 

 

 

そしてまた少し動きの調整をしていまして、リップの取り付け位置の変更と基盤を1.0mmから0.8mmに変更しました。

 

 

色々とやっているんですけど、とりあえず上手くいって良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です