新作「ハバネロ52」について、簡単に概要を。


形態は機能に従う

 

 

現在の形になるまで長く開発をしていたプロトの終わりが見えました。

 

新作の表層系クランクベイトをさらっと解説します。(詳しくはまた今度)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハバネロ52」

 

weight:8g length:52mm

 

 

ハイプレッシャーな状況でも投げやすいサイズにデザインしました。

名前の由来はトップ系なので、辛い食べ物かな?ということでハバネロに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインアイは横を採用

 

 

通常テールにペラとブレードが付いていると、クランクベイトの動きが鈍くなります。それを解消するために自由度の高い横アイを採用しました。

リップの素材はサーキットボードの1mmがベストでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カットしたペラと小さいブレード

 

ペラをカットした理由はクランクベイトの動きをしっかりと出したかったからです。ペラをカットすることでテールをしっかりと振ってくれるようになりました。ブレードの大きさは重量バランスの関係で。

低速ではチリチリ音を、限界の速さではバズベイトを思わせるようなアピール力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はこのようなアイを採用していましたが、

 

 

 

 

 

 

 

このように

 

クルンと回ってしまい、しっかりと動かない事が度々あったので、変更しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボデイ形状が特徴的

 

ペラなどに目がいきがちですが、見た事もようなボディ形状が拘った点です。シンプルに目立ちたかったわけではなく、スローリトリーブをメインにする中で、ボディの膨らみを後方に持ってくることは必然でした。見慣れないこの形状は一つの答えです。

夏の時期など表層を意識したバスにはバタバタとしたウォブリングがとても効果的です、それを実現するための形。テールの金属音でバイトが出るのも狙いどころではありますが、あくまでクランク本来の動きに水面を割らせる秘密があります。

 

 

大型リップの影響でキャストに影響が出やすいですが、ハードバルサ(高比重)を使用することで最大限の改善をしました。トマトやコロンブスに使っているバルサの3倍の比重、ほぼシダーウッドのような比重かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残り後一回のテスト釣行で、リップへのフックの引っ掛かりを見ます。

 

スナップに絡んで、取りにくくなるので

 

 

前のフックのリングを2つにしてみました。

 

どうかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水面が炸裂するバイトを・・・

 

 

 

 

 

 

といったようなスローリトリーブが得意な表層系クランクになっています。

発売は9月中を予定しています。暑い時期になんとか間に合わせます。

 

乞うご期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です