新型トマトはフィネスになった?理に適った変更点があります。長文注意。   更新しました!


ピタッときた!

 

 

トマト新型

 

画像下のモデルが仕上がったので今朝はテストに行ってきました。今までもう少し、もう少しと少しの調整が必要な状態でしたが、今回のモデルはかなりセッティングがハマっています。リップ、ウエイト、ウエイト位置のバランスがとてもいいです。

 

実釣テストはこれからになるんですけど、正直「直す所が無い」という印象です。もう過去に散々やっているので(一年間シャロークランクだけの年もありました)、8月中に答えを出せると思います。夏に一番有効的なルアーですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前のトマトとの違い

 

 

 

 

よりバスへの誘いが多くなっています。以前のモデルは足元まで巻いてきた時にボディの振りが少なくなって誘いきれないアクションになっています。十分足元で食ってくる事もありますが、少し甘さがあると感じていました。

 

トラウトの管理釣り場のメンターさんは、クランクを使っていると最後の最後まで誘い切ろうとしています。回収する直前までバイトのチャンスがあるわけで、凄く丁寧に足元まで巻いていました。因みにこれは4年くらい前のイワナセンターで経験した事です。カリンのようなミッドランナーを使っていても同じことを思いました、リップが長いカリンの方が最後までバスを誘いきれている、と。

 

その足元まで〜という所が出来ていると、よりストラクチャーにコンタクトした時や巻き始めでのバイトを誘発しやすいと思いました。レイドジャパンのレベルクランクゴリラーの動画でも粘って粘って誘ってくれると言っていましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では何故以前のトマトには誘いきれない部分があったのか?

 

 

それはその当時に雑誌で紹介されていた良いクランクベイトの定義が関係しています。諸説あると思いますが、「ハイピッチである事」「高速で巻いても真っ直ぐ泳いでくる事」「高浮力な事」が挙げられていたと思います。

その中「高速で巻いても真っ直ぐ泳いでくる事」これをクリアしようとすると、粘って誘えるようなクランクベイトにはなってきません。

 

 

では何故こんな事が言われていたのかというと、恐らくアメリカでの良いクランクベイトの条件だからだと思います。当時のクランクベイトブームは「秘密のクランクベイト」の内容が大きく、アメリカのクランキングが本物という風潮がありました。(7ftのグラスクランキングロッドが流行っていました。)

 

アメリカに行った事はないですが、広大なフィールドを釣る際にスピードが求められるからだと思います。アメリカで一番人気なトリプルインパクトは一番速く巻けるサイズだと聞いた事があります。(明確にどのサイズかは覚えていないですが)自分が釣りをしてきた日本のフィールドでも効率は重要ですが、ややフィネスな要素のあるルアーが活躍するのが日本のハードベイト事情だと思います。

 

ハネモノなんて特にそうですよね、各メーカーがどれだけ遅く巻けるのか競っていませんでしたか?OSPのピクロやティムコのグリマー、各メーカーのi字系ルアー、ネコソギDSRなどなどフィネスなハードベイトが多くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時20の自分は六度九分の行友さんを訪ねに岡山に行った際に、マルテの丸畑さんと釣りをさせて頂く機会がありました。自分の作ったクランクベイトを見て頂いて、「速く巻いてもバランス崩さないんです」という自分に「速く巻かないからね・・・ゆっくり巻けるこのルアーの方がいい」と仰っていました。当時はそれについて深く考える事はありませんでした。雑誌を鵜呑みにするような頭の固さがありました。

 

 

 

なので簡単に説明すると今までよりもボディを振りやすくし、ゆっくり巻いた時にアクションしやすい、手元に伝わる振動が分かりやすい、といった様に変わっています。バスのバイトを取り易く、アングラーの操作感が上がっています。今日はグラスロッドを使いましたが、それでも振動が分かりやすかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セッティングを出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイムテストを終え、家に帰ってきてからは机で考えていました。

もう十分だなというところから、わずかな可能性を求めて少しだけ変えたものを新たに3つ作りました。ウエイトの重さを6.00g→5.80gに変更とかそんなレベルです。そこまでやっていきたいなと思っています。そこまで拘って作れる環境は恵まれていると思います。

 

時間掛けたくないので、直ぐに実釣テストに移りたいので4日くらいで完成させます。真面目にやると1週間以上かかるんですけど、プロトなので仕上がりの綺麗さはどうでもいいです。最近は目を入れるのもやめました。

 

 

ガンガン釣り行っちゃうかもしれません。

 

 

 

 

PS サイズ感は変わっていません、重さも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です