CNCで木材加工が出来るようになって、守備範囲が広がっちゃった話


トマラジ

 

 

 

昨日は久々にトマラジを撮ろうと思ったけど、内容が中途半端に決まっている状態でした。着地点が無いような感じですね。

少しだけ録音してみてやっぱりダメだったのでやめました。そろそろ更新したいなーと思うので、考えておきます。

 

でも最近自粛の影響なの?ネットが繋がりにくくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルアーは主にコーティング中なので、

 

 

 

 

 

 

アイを作ったりしてましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉が気になるので、一つ削ってみたいなとCADを書く事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書くのはプロトのスロー用クランク

 

 

 

もうCADも慣れたようで30分くらいで書けちゃいました(驚)

で、微調整や加工条件(CAM)を入力して1時間くらいで完成!直ぐに削れる状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買ってきた杉材の厚さがいつも削っているバルサよりも厚かったので、

 

 

 

 

それに合うエンドミル(ドリル)が無かったので結局削れませんでしたが、使いこなせばかなりのスピードで進みます。今までに比べれば驚異的!!導入して良かったです。これからは時代に遅れないようにしないと。

ホームセンターに行けば色んな木材が売っているので、それが全て守備範囲なのも凄いです、それぞれの特性を理解出来れば使い分けるようになるのかな?これ系のルアーでこういった使い方をしたいなら、ヒノキだとか松だとか?陽炎(ミノー)もバルサじゃなくて杉で一回作ってみようかな?何かいい特徴が出るかな?

 

 

 

 

 

ルアー作りは奥が深いと思ってましたけど、加工方法が広がっておかげでもっと深くなっちゃいました・・・。

死ぬまでにマスターできないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です