カリンの派生モデル「カリンHS」開発スタートか?


たどり着いたらいつも雨降り

 

 

 

今度作ってみようかなー?と思っているプロトはカリンの派生モデルです。

 

 

 

今年三島湖で使う事が多かったですが、まずますいい感じの釣果が出ました。

 

しかし使い込んでくると「もう少しこうだったらいいな・・・」みたいな所が出てくるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリンの場合は「もっと潜らせたい。」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリンの潜行深度は2Mくらい、三島湖で使っているともっと潜って欲しい時があるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので3Mダイバーを使うことも多かったです。

 

 

 

 

 

 

ですが、、、、、、、出来ればカリンのサイズ感のままで深いレンジを探りたいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事を思ったまま夏になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の夏はバイブレーションが活躍してくれました。

 

 

 

 

 

 

三島湖で!

 

 

 

 

雄蛇ヶ池での49センチ!

 

使い方は沈めてボトムのストラクチャーに当ててリアクションで食わす!というもの。かなり楽しい釣りでした。

 

 

 

そのまま秋もバイブレーションをよく使っていました。

 

 

そうなると深いレンジを探るのに、わざわざフローティングのルアーを潜らせるのが面倒になってきます。

 

 

「沈めて巻けばいいじゃん!その方が楽だし無駄が無い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てな事でカリンHS(ヘビーシンキング)を作ってみようかなと。

 

 

 

 

 

カリンをシンキングにする事でバイブレーションよりもゆっくり巻けて、バンクの傾斜に沿って泳いで来れるんじゃないかな?と妄想しています。

 

 

とりあえず1つ作ってみて、進めていけるか考えようかなと思ってます。

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です