ジャントマルアーのリップの溝についてのお話。


良いデザイン

 

 

 

 

受注生産のルアー達は塗装が終わり、リップの取り付けをしています。

 

 

個人的にはかなり神経が減る作業なので、毎回躊躇して手が止まったりしてしまう作業です。ここで失敗して泳がなくなる事なんて無いんですけど、負担になる作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はリップの溝についてのお話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマトのリップはこういった感じで入れています。

 

 

当時10年くらい前に作った石膏の治具。これはブランクスを削ってもらっていたので、それに合わせて作ったものです。ラウンドのクランクベイトは綺麗にリップの溝を入れるのが難しい。なので簡単なフラットサイドを作る人が多い気がします。自分も始めのうちはフラットサイドを作っていましたが、「作業工程の簡易化の為にルアーの形を変えたくない」と思っていました。

 

この治具は中々良く、良い仕事をしてくれたのですが、横に基盤が貼ってある通り微妙な調整を繰り返していました。実はトマトはブランクを削ってもらっていた時に三回も形が変わっています。一番最初のモデル、データが消えてしまって作り直してもらったモデル、一番最初の形に戻したくて新しくスキャンしてもらったモデル。

そうなってくると微妙な調整が必要でした。微妙に調整してもバルサの硬さなどで糸ノコの刃の入り方も違ってきたりします、なので本当は糸ノコでない方が良いんですけどね・・・。なので結局は自分で目で見て、手で調整するわけです。

 

 

 

 

今回作っているトマトも勿論一つ一つ確認してリップの角度を調整しています。

 

自分のハンドカービングは一つ一つどうしても形が変わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに対して今年発売したカリン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MRタイプのルアーということもあってリップはこんな形をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リップの差し込み口は、こんな形にデザインカッターで切ります。

 

切ってから中身をリューターなどで少し出して(掘って)からリップをグッと差し込んでいきます。中のバルサをリップで押し込んでリップの形にピッタリにしてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後は正面、横から見て角度などを手で調節

 

ポイントはバルサを押し込んでやる所です。この方が糸ノコで切れ込みを入れるよりも短時間で正確にリップの取り付けが出来ます。

アナログですけどこれが一番良い気がしてます。

 

 

なのでカリンは釣果も勿論ですけど、作りやすさも良く、デザイン性がとても良いルアーだと思っています。

一つ一つハンドメイドなので、作りやすさというのはとても大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し不安だった強度も全然平気でした。

 

どこまで使えるのかな?って思ってます。壊れる前に引退させようとも思いますが、新しいものよりも釣れる気がするんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後トマトもカリンに似たようなリップの形状にしようかなと思っています。地味な所でルアービルディングが変わってきています。少しづつ変わっていってゆくゆくは一般の人からしたら?な形に変わってしまいそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です