夏からよく使うようになったバイブレーションで変わってきたもの。


ボート

 

 

最近つくづく思うのは「1日釣りしているととても勉強になる」という事、当たり前なんだけどね。

特にレンタルボートで釣りをしていると、殆ど行けない所はないし、根掛かりしても取りにいけるから釣りの幅がかなり広い。

 

 

 

そんな事もあって今年の夏からバイブレーションの使用率がかなり高くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気に入っている点としては、シンキングなので狙ったレンジにすぐ届く(クランクだと潜らせないといけない)、巻き抵抗が少ないので疲れない、よく飛ぶ、展開が早い。今までそんなに使う事が多くなかったですが、クランクよりも使用頻度が多くなるんじゃないか?と思うほどです。

 

 

 

 

 

 

 

使い続けていくとタックルを変えていきたくなります。

先日雄蛇ヶ池で1日やった時は、飛距離が欲しくなりました。使っていたのがバスワンだったので、まぁそれなりしか飛ばないわけですよ。もっともっと飛距離が出れば一投でかなり多くの距離を巻いてこれるので有利だなと。「ここのブレイクを狙う」とかみたいにスポットを絞る事も出来ないし、何にも無さそうな所で釣れる事も考えると早い展開が良いです。そういうハードベイトの釣りが今の自分がやってみたい釣りだし、実際によく釣れています。

 

良いリール欲しいなぁとネットで調べていましたが、ただ今すぐに買える感じはないので、「バイブレーションならPEでもいいかな?」とPEを使って飛距離を稼ごうかなと、試してみようと思っています。難点がありそうですけど、試してみるのがまた楽しいんですよね。来週末にまた雄蛇ヶ池行きたいですね、そろそろ巻き物も厳しくなりそうだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこともあり色々と考えていると・・・

 

 

CV−66をいじりたくなりました。このルアーは正直難しいので、思った通りに変えていくのは難しそうですけど、来年の春までには今までよりもっとまとまったものにしたいですね。

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です