昨日の釣りから得られたもの。


 

昨日の三島湖で、やっぱり投げていたカリンMR。

釣れるルアー、釣りたいルアーがあるのは勿論ですが、その時の状況にマッチしていないとどんなルアーでも釣れないもんで、昨日はカリンMRでは釣れませんでした。

 

大した釣果ではない自分が言うのもなんですが、昨日はタフな状況でした。

単純に言うと、アフターの時期に加えて急な真夏日がそうさせたと思います、川の水も動いていなかったし。

 

 

 

 

 

 

そんな状況で釣れたのはミディアムセダーシャッド

 

 

浮いている魚が居なくて、タフな状況に効くタイトアクションと言う事で、このルアーでした。

カリンも結構投げていたんですけどこっちでしたね。たまたまボックスに入っていたのがラッキーだったし、また今まで使ってこなかったルアーで釣れたのは収穫でした。

 

今年はよく三島湖に行ってますが、状況判断が少しづ出来るようになってきた気がします。押し通してもその時の魚に合わなければ釣れない事を経験していると、これ以上投げてても釣れないなとバカな自分にも分かってきます。近くの野池なんかだと池を変えちゃったり、また来れば良いやになるけど、良くないかな。またオカッパリではミディアムセダーシャッドのようなルアーは使わないので、そういった意味でも三島湖に通うようにして良かったなと思います。もっとバス釣りが分かるようになりたいもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

因にカリンMRでもコンコンというアタリはありました。フッキングするも空振りするもので、魚の反応はあったんですが、それこそ同サイズ、同レンジのフラットサイドであれば何とか掛けられていた気がします。なのでフラットカリンがあればいいかな?なんて思いました。試作してみたいですけど、今はちょっと無理かな。

でも同じ状況に遭遇した時に、対応したいので必要なのはしっかり覚えときます。

 

こんな感じで色々なルアーを作っていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミディアムセダーシャッドにはもっと勉強させてもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

今さっき気付いたけどリップ形状が違う・・・。

 

夏はもっと潜るディープダイバーを使ってみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です