7センチミノーの名前も陽炎で良いかな?


7センチミノー

 

 

 

また作りました。

 

今回のはトレブルフック仕様。昨日スイムテストをした感じは、とりあえず問題無いですね、思ったように作れました。

今回作っていて思うのは、同じジャンルでも大きさが違うと設計が全然変わってくるという事です。昨年から進めている陽炎とは全然違うデザインで作っています。

 

 

 

 

陽炎(11センチ)

 

 

陽炎の方がルアーが重たいぶん、少ない移動距離でのアクション(トゥイッチ)が可能になります。7センチのミノーだと、軽い分トゥイッチするとダートしやすく少ない移動距離で誘う事は少し難しいです。そうなると当然ウエイトの配置などは変わってきますね。面白いもんです。

 

 

 

 

 

 

水面がもじっていたので、トゥイッチしてやったらギルが釣れました。

 

ミノーはやっぱりリアルフェイスの方が良いかな?雰囲気がかなり変わりますよねー。カリンも実は迷ってます。

7センチのミノーも使い込んでみたいですね。イマイチどういう風に使ったらいいのか?どういう時に有効なのか知らないです。そりゃ高滝湖みたいなワカサギレイクで使えば良いんでしょうけど。ルアーは使い込んでくるとそんな単純な話ではないと分かるはずです。そこが分かってくるのが、面白いんですよね。だから使い込むんです。 そう考えるとワーム使ってるヒマ無いんですよ。

 

 

 

今日はこれから10周年記念のコロンブスを作る予定です。カラーはリアルフェイスのピンククラウン。仕上がりが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です