プロトタイプ陽炎をまた弄くる事になりました。


高滝の収穫

 

 

 

昨日は高滝で釣りをしてきましたが、釣りってのと同時にプロトのテストしてきました。

 

 

 

 

昨日使用したルアー(阿修羅はサイズ比較用)

 

上から陽炎が2つ、一番下は7センチミノー。

高滝湖ってこともあって、やはりワカサギがかなり多かったので、7センチのミノーも使ってました。7センチミノーはエリア用に作ったものなのでカラーがエリア用ですが、動きはいい感じです。こっちもテストしていきたいですね。

 

陽炎はワンバイトあってので、一応収穫ですが、それよりもいつもよく行っている三島湖と違うフィールドで使えたのが良かったです。いつもと違う環境でも問題無く使えました。

それとガリガリになるまで使ってきて、やはりただ巻きの動きを修正したいと思ったのも収穫です。散々使ってきた中で見えてくる変更点ってとても重要だと思うし、よりハイレベルなルアーに変えていけるという事ですよね。長い時間使ってこないと分からない事があるなと、今回とても勉強になりました。そして陽炎が必ず良いルアーに出来ると確信しました。

「良いルアーの作り方」ってのがまた分かってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前やったこれ

 

 

 

 

 

リップを大きくしたやつですね。

 

ただ巻きの動きを良くする為に、リップを大きくしましたが、これはダメでした。ってか動かなくなりました。面白いですね。不正解のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ならば後はアイの位置を下げるしか無いと、今朝はいじってました。

 

明日の朝にテスト予定です。上手くいけばただ巻きでよりしっかり動くようになって、ジャーク時の動きもよりフラッシングが効くはずです。

 

トライアンドエラーの繰り返しですね。

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です