MRクランクに使用しているタックルをご紹介。特に拘っていません。


ご紹介

 

 

この前三島湖で爆釣したタックルを簡単に紹介したいと思います。

とはいっても特にすんごい物を使っているわけではありません。過度な期待はしないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはルアーから

 

 

 

 

 

MRクランク(プロト)

昨年から進めているクランクベイト。長さは約50ミリ重さ約8グラム。レンジはフロロを使えば2mは潜りそうです。房総のリザーバーで使うようにこのサイズに、クランクベイトを使う際に気軽に使えるようにこのサイズにしました。レスポンスが良く、固定重心でも飛行姿勢が安定しやすいので、しっかり飛んでくれます。

で、このクランクを使う為にタックルを組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

リールはスコーピオン71HG

レンタルボートで手返し良く投げていきたいって事で左巻き。ギア比は回収する時に速いように、それと巻物でもハイギアで大丈夫って事でHGにしました。

で、8グラムと少し軽い部類のクランクなので投げやすいように70番台のリールにしました。アルファスとかでも良かったですねー。てかバスワン XTにナイロン16lbでも結構普通に投げれちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッドはブラックレーベルのBL-6101ULRB

 

これは硬さが合っているので使っているだけ・・・です。家にある中で合うのがこれ、っていうだけ。最近は長いロッドがあまり好きではないので(ピンスポットに投げづらい)出来れば6フィート前後のロッドにしたいですね。

 

ぶっちゃけこのロッドはピンに投げづらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインに関しては、前回書いたようにルアーマンⅡ

 

知り合いから「これはシーガーではありません」で充分であると聞いたので、買ってみた格安ライン。家で引っ張って強度をみたんですけど、まぁ充分かな?って感じです。これで弱ければ太さを上げればいいじゃんってな感じ。ナイロンラインを愛用しているのは、ルアーがキビキビ動く気がするからですね、フロロは重さでルアーが自由に動けない気がする・・・だけです。クランクなんて基本巻きっぱなしなんでレンジが変わるだけで、動きは変わらないですけどね。

 

 

 

 

 

 

といった感じで、そこまで拘ってはいません。

というのも以前にカバークランキングしかやっていなかった時に、かなりタックルに拘りました。6フィートだと短いから6フィート1インチにしたいって事で、オリジナルのロッドを作ったりしましたが、そこまでやらなくても釣れますからね。メンターではないので、とりあえずそれなりになってます。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です