潜りやすいクランクってどんなクランク?また新しくプロトを作り始めました。



気まぐれ

 

 

 

ルアーを作っていて、たまーに作りたくなるプロトタイプ、こんなのがあればいいなぁ・・・、こんなの使ってみたいなぁ、と良からぬ事を考えてしまうのです。

今日もコーティングでの待ち時間で、作り始めちゃいました。相変わらずの「趣味はプロトタイプを作る事」ですね。

 

 

 

 

 

 

今回作ってみようと思っているのは、ディープクランクです。

 

 

三島湖で釣りをしていると、岬の水中の様子などの地形変化が気になります。魚探を見ていても「ここの変化凄いな・・・」とか以前かなり減水していた時に見ていた地形が気になってしまいます。

なので、この前はたまにディープクランクを投げていました。これからも使っていこうと思っていますが、デカい魚釣れそうだし、You tubeで田辺さんが釣っているのとかを見ると使い込んでみたくなりますね。なので作りたいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでさっそくウエイトの型から作り始めています。

 

既存の型があるんですけど、サイズが合わなかったので作ります。

ちょちょっと作っちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

今回作るウエイトはこんな形

 

実際はここから重さの調整をして薄くしていきます。なんでこの形なのかというと、このウエイトだとウォブリングしやすくキビキビとしたアクションになります。その変わりロールしにくい動きになります。そのロールしにくいってのがキモです。

 

 

 

 

 

 

 

クランクベイトは潜る時にリップに抵抗を受ける事で潜っていきます。

 

つまりこの状態が一番潜りやすいんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

ロールが入るとこういう姿勢になります。

 

この状態ではリップに掛かる抵抗が少なくなるので、潜行力が損なわれます。ただそれだけの事です。

フラットサイドクランクはロールしにくいので、同じ事が言えると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは現在進めているMRクランクに採用した事で、発見しました。

 

上記のウエイトを使用しているんですけど、使っていると小さい割にグイグイ潜っていくんですよね。使用感が違います。

「よく潜ってくれていいな〜。」なんて能天気に思ってましたけど、そういう理由だったんです・・・。いやー驚きました。ルアーってシンプルですけど、分かるとなるほどと思います。

 

 

 

 

 

それを考慮してウエイトを作って、ディープクランクを作ってみるので、楽しみですねー。どんなのが出来るかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はここまで!

 

 

 

明日、型が完成する予定です。

で、また月曜日は三島湖に行ってきます(汗)だって来週の日曜日は釣りいけないんだもん。

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です