スピナーテールミノーのプロトをイジってみたら、色々分かってきた事がありました。



同じようなセッティングになりました。

 

 

 

 

昨日はサーフェスクランクだけではなくて、コイツのテストもしてきました。

 

 

 

スピナーテールミノー?って言えばいいのかな?

 

2つ目のプロト。

初めて作るタイプのルアーで、検討がつかない中で進めているんですけど今回色々と分かった事がありました。

とりあえず1つ2つ作ってみて、現場でアレコレイジってみると面白いもんですね。そのルアーの性格が分かってきます。

 

とりあえず投げてみた感じは、一応使えるぐらいの感じでした。そこからまず水面トゥイッチでのスプラッシュがあまり出ないので、浮き姿勢でテールを浮かせようとしてフックを付けたり外したりしていました。なので、結局画像のように腹のフックだけ重い物にしました。スプラッシュは出ないままですが、それなりに良い音がするようになりました。

 

 

 

まぁとりあえずこんなもんかな?という感じで投げていたのですが、ただ巻きでの動きが気になりました。

ペラが付いているので、どうしても上手く動いてくれないんですよね。微妙にプルプルしながら泳いできます。それがまた釣れなそうなプルプルなんですよね・・・。

 

 

 

 

何とか出来ないかなー?とイジってみたのが、リアのヒートン

 

 

 

 

 

 

イジる前は普通にこの状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、何となく上にイジってみたらただ巻きで上手くウォブリングするようになりました。

 

 

ただ巻きじゃなくて、トゥイッチでのスプラッシュを出したくて上に曲げてみたのですが、それはあまり変わりませんでした。

上に曲げる事でペラが斜めを向くので、ペラに受ける抵抗が多分減るんでしょうね。なのでテールを振りやすくなってウォブリングするんだと思います。意外な発見でした。

よくよく考えればトリプルインパクトとかもそうなってますもんね。勉強になりました!

 

またウォブリングするようになって、ロールも強く入るのですが、フロントフックを重くしたので、それでバランスを取っているみたいです。単にウエイトを重くするんじゃなくてフックの重さでバランスを取れているのが良いみたいです。トリプルインパクトもリップにウエイトが入っていますもんね。

 

 

 

今まで作ってきたルアーとは、調整の仕方も全然違うのが、よく分かりました。ホント凄く勉強になりました。

とりあえず実戦で使えそうなので、またプロトは作るとして、ちょいちょい使っていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です