プロトのサーフェスクランクは塗装を終えました。


早くも

 

 

昔よく読んでいた「秘密のクランクベイト」には、サーフェスクランク(確かスーパーシャロークランクって書いてあったかな?)の話があって、バンディットのフットルースの紹介の後で、「しかしそのフットルースよりも潜らないクランクベイトを必要とした人物がいる・・・並木敏成である!」っていう所があるんですよね。当時スゲーカッケーなぁって思いました。

 

ただそれだけです(笑)

いや、何故かそこのくだりを忘れていないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

完成しそうなサーフェスクランクのプロト

 

今日は目玉をくり抜いて塗装をしました。

 

 

 

 

 

メガバスのハチローリフレクション?みたいなカラーが一度作ってみたかったので、塗ってみたのですが、背中が黄色だと動きが見にくいのでブラックを重ねました。テスト的には良いカラーですけど、単純にあまりしっくりこないですね。やはりブラックを吹かない方がカッコ良かったです。でもしょうがない。

それと側面にタイガー模様を入れようとも思ったんですけど、テンプレートを作る時間が勿体ないと思ったので、止めました。

 

 

 

まだ完成していないのですが、多分直ぐに作り直しになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

ボディの厚みをミスってしまいました。

 

もう少し厚くしたはずだったのですが・・・。

なのでサーフェスまではいかないにしても、水深10センチくらいを泳いでくるのかな?それはそれでありな気がしますけどね。

 

 

重さは10gを予定しています。

本当はトマトと同じ12gが投げやすいんですけど、最近三島湖に行っているせいか、やはりプレッシャーを考えて少し小さい方が使いやすいかなー?と思っての10gです。重さに関してもこれから変更するかもーですね。今日はこれからトップコートで一気に仕上げても良いんですけど、ちょいと体が疲れているので今日は早めに寝ます。

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です