ミノーの分類について思う所を書きました、でもまだ全然分からないです。


プロト

 

 

 

明日は製品トマトの塗装が待っています。

コーティングが完了しまして、硬化待ちしてから塗装です。

 

なので、今日は少し空いた時間でメールの返信をしたり、またミノーのプロトを作っていました。

魚が釣れても、なんかその使っていてしっくりこない感じがあります。なのでどんどん改良させてプロトを成長させていきます。

 

 

今日は作る前に色々と考えながら、どういったシェイプにするのかを決めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく考えてみると色んな形があります。

 

 

今悩みの1つが、断面の形状です。輪切りにした際の形ですね。

ボーマーのロングAは丸い形状、スミスウィックのログも丸い形状、ラパラのF13は縦長の楕円、OSPのルドラは台形、メガバスのワンテンも台形、などなど詳しく見てみると色んなタイプに分類出来そうです。クランクベイトってその辺はよく見て作りまくったので、「このクランクはこういう動きをする」ってのが見てすぐに分かるのですが、ミノーはまだ何となくです。掴めていません。てかミノーの方が難しい気がする。

 

 

 

 

 

 

思い返してみるとラパラのF13のようなジャークした時の移動距離の少ないフラッシングが好きかもしれません。フラットサイドに近いのでそういった動きになるのかな?

リヴァスポット早戸でよく釣ったし、高校生の時は野池でF11でよく釣りました、チビだったけど。

 

丸形のログとかロングAの方が移動距離が大きいですね。その分ロールが強いのかな?

台形のワンテン、ルドラは、丸形と縦長楕円の中間的なアクションかな?

こういう事を雑誌で書いて欲しいですね。

 

まぁ、その断面だけでアクションが決まるわけではないので、あくまで要素の1つでしょうけど、ちょっと分かってきた気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、作ってみる

 

 

 

 

 

今まで作ってきたのは断面が台形のものでした。

 

 

アメリカに入った事無いですけど、日本のフィールドの大きさを考えると、少ない移動距離でフラッシングしてくれた方が良いのかな?と思ったので縦長楕円形を目指して作ります。

移動距離が少なかったらその分ジャークの回数を増やせばよくね?とか色々考えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

一応仕上がったけど、手直しをしないと・・・。

 

 

ここで一言言わせてもらいますが、よく言う「あのルアーは飛ばない」という点。だから使わないという事がありますが、自分が思うに飛ばないから良いんだと思うんです。

飛ばない設計だからこそ出せる動きが自分はあると思います。ログとかアクションレスポンスがいいと思うんですよね。

なので、全否定は違うと思います。

 

勿論飛ばないと釣れない状況もあります。

去年新利根側に行った時に、ログで40アップを釣りましたが、午後から強風になったので、ワンテンに変えました。そういった形での使い方がいいかなと思います。

 

 

F13は飛ばないんですけど(元々スピニングで使うように設計してあるのかな?)あの動きは魅力的ですね。浮力高いので糸オモリでも巻いて使ってみようかな?

まだまだ研究は続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です