今日はスイムテストでデカミノーとルドラなどを泳がせてきました。


大失敗

 

 

 

 

今日はプロトのデカミノーなどのスイムテストに行ってきました。

 

リップを付けてフックアイを付けて〜といった感じで進めていくうちは意外と分からないもので、フックを付けてようやくこのルアーいけそうだ!とか今回ミスったなってのを感じたりします。

今回のデカミノーは多分どこかダメなんだろうけど、悪くないはず!上手くいかないかな〜?そんな気持ちで泳がせにいきました。

 

 

まずはただ巻きで、ひやひやしながら「あ、だ、大丈夫。よ、よし、いい感じ・・・いい感じ・・・」そんな感じです(笑)

が1つ気にしていた点が・・・そのまさかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンキングになってしまいました〜

 

 

しかもかなりの頭下がり、ちょっと笑いました(笑)

管釣り用のミノーで、ボトムリッターというミノーはまさにこんな感じで、ジャークするとボトムをトントントンと頭で突いて進んでいきます。特殊なミノーですね。

それに似せようと思ったわけではないです。

 

スローフローティングを狙っていたのですが、ダメでした。フックを一本だけならスローフローティングなのですが、この辺は難しいですね。

 

 

ですが、ジャークした感じでは、しっかりとロールして左右に移動するような動きなので、そこは狙い通りでした。

またすぐに作り直してやりたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプレ

 

 

今回はルドラ スペック2 も持っていったので、久しぶりに泳がせてみました。

ただ巻きとジャークの動きがいいですね、フラッシングがしっかり出るので、いいミノーだなーと感心していました。万人受けする感じですね。

 

 

ただルドラだけでいいのかというと、そんな事は無く、レンジなどの使い分けで複数のミノーを使っている人が優秀な気がします。

ルドラはなだらかな潜行で、シャロークランクのような軌道です。ワンテンの方が潜行角度が深く、サスペンディングログも深いです。パーフェクト10ログはもっと深い。

それぞれ特徴があります。

 

ジャークのアクションにしても、ルドラよりもワンテンの方が左右に飛ぶ、ログはその場でロールするような動きが強かったりと、今更ながらそれぞれのミノーの個性がより分かるようになってきました。

 

シャロークランクに関しては、ずっと使ってきたのですぐにその感覚があったのですが、ようやくミノーの事も理解し始めてきたようです。

使い込まないとやっぱり分かってきませんね。

 

まだまだ勉強です。

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です